RE-DEBUSSY
presented by good umbrella

Jessica
Mizuha Nakagawa

feat.Hauschka

2019.9.13 Release
GDUB-002
RE-DEBUSSY
Vocal: Jessica
Piano: Mizuha Nakagawa
Interludes & Remix: Hauschka
Recording & Mastering Engineer: Kenji Miyamoto
Producer: Marei Suyama, Kenji Miyamoto

Artwork: Norihisa Mizuta
Art direction & design: Yuri Suyama
Photograhy: Chiyoe Sugita
Makeup: Hiroko Takashiro
Project Management: Pavut Co.,Ltd.

購入はこちら

Tracklist

1 Interlude I
2 Beau soir
3 Romance
4 Les cloches
5 Interlude II
6 Clair de lune
7 Nuit d'étoiles
8 Paysage sentimental

9 Mandoline
10 Interlude III
11 Regret
12 Interlude IV
13 Le Flute de Pan
14 Interlude V
15 Les cloches (Hauschka remix)
16 Reverie
17 Clair de lune (piano)

Hauschka tracks - 01, 05, 10, 12, 14 (15 - Hauschka Remix)

Claude Debussy

クロード・ドビュッシーは、20世紀の作曲家の中でもとりわけ後世の音楽に影響を残した音楽家です。 それまでの西洋音楽の伝統には見られなかった音階を用い、より豊かで、絵画的な響きを持つハーモニーを確立しました。 ドビュッシーの歌曲は、自身のピアノ曲やオーケストラ作品ほど世に知られていないかもしれませんが、彼の音楽の代名詞とも言える微かな光や美しい陰影、水の揺らぎ、そして心の機微をも、ヴェルレーヌら象徴派の詩人のテキストとともに聴き取ることができます。

Jessica(Ngatari)

メジャーレーベルよりキャリアをスタートさせ、三枚のアルバムと四枚のシングルを発表。その後、Ngatariのボー カリストとして、PROGRESSIVE FOrM よりアルバムをリリース。コンピレーションアルバムの参加や、TV番組のエンディング、CM曲を担当するなど活動は多岐に渡る。「Nebular for Thirteen」「坂本龍一トリビュートアルバム」など。 (Ngatari)

Mizuha Nakagawa

桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業後、渡仏。 パリ・エコール・ノルマル音楽院ピアノ科及び 室内学科のディプロマを取得。在仏中は多くのコンサートや音楽祭に招聘され、積極的に演奏活動を行う。Concours musical de France第1位、CMF賞、インターナショナルクロードカーンピアノコンクール第3位等、国内外のコンクールにて受賞。 2013年、George Crumbの「Makrokosmos Vol.2」をオノ・セイゲン氏の録音にて、国内初のリリースを実現した。

Hauschka(Volker Bertelmann)

ハウシュカ(本名:フォルカー・ベルテルマン)は、ポスト・クラシカルシーンを代表する、ドイツのピアニスト/作曲家。 プリペアード・ピアノを駆使した独特の表現は、エレクトロニカ、テクノ、ロックなどのエッセンスを内包し、その軽妙な響きはジャンルを超えて多くのリスナーを魅了しています。 イギリスの名門レーベル、ファットキャット・レコードに所属し、ヒラリー・ハーンとのコラボレーションアルバムは、ドイツ・グラモフォンよりリリースされました。 また、近年は映画音楽界にも進出し、映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』(2016年)では、グラミー賞にノミネートされるなど、映画音楽シーンにおいても傑出した才能を示しています。

  • Jessicaは超自然的な特別な声を持っていて、フランス語歌曲を解釈しただけでなく、それは私にとってSF映画にさえ思えてくる。彼女はジャズのような音楽を奏でずに、ジャズ的なアプローチとして作品を解釈していて、その方法は作品をより親しみやすいものにしていると思う。 これは本当に素敵なアルバムになったと思うし、Jessicaの歌とこのアルバムは今後長く多くの人々を魅了するだろう。
    Hauschka (作曲家 / ピアニスト)

RE-CLASSIC STUDIES

私たちのプレイリストから遠ざかってしまったクラシック音楽。博物館の奥深くに収蔵された「美しい骨董品」を、「現代の音楽」へ翻訳、そして再生させるプロジェクトです。 不変の美しい音楽を、現代のアーティスト達と共にリメイクして行きます。

[RE-CLASSIC STUDIES]とは?

for top